採用情報 ウムヴェルト株式会社 

ウムヴェルト株式会社バナー
広島の建設コンサルタント  ウムヴェルト株式会社
〒737-0004 広島県呉市阿賀南8丁目1番7号 TEL.0823-76-5855
ウムヴェルト株式会社ロゴ
 
広島の建設コンサルタント  ウムヴェルト株式会社
〒737-0004 広島県呉市阿賀南8丁目1番7号 TEL.0823-76-5855

採用情報

採用イメージ

ウムヴェルト株式会社では、事業拡大に伴い従業員を募集しております。
正社員のほかパートタイム労働も募集しております。お気軽にお問い合わせください。
 

正社員募集

▶募集職種

・補償コンサルタント業務 物件調査(広島支店、備北事業所)
・事務及び雑務(本社・広島支店・総括事務所・備北事業所)
・設計(本社・広島支店・備北事業所) 
・非破壊検査工(総括事業所)
・測量(総括事業所・備北事業所・福岡支店)
技術士及びRCCM資格者(本社、各支店、各事業所、各営業所)
・不動産事業(本社・広島支店・備北事業所)

▶募集対象

新卒・中途

▶勤務地

呉市/広島市/広島県内/中国五県(職種により異なる)

▶給与

大学院卒 : 基本給 ¥234,000
大学卒  : 基本給 ¥208,000
短大卒  : 基本給 181,000(※測量専門学校及び専門学校 同額)
高専卒  : 基本給 ¥181,000
高校卒  : 基本給 ¥165,000
中途採用 : 職種・資格・経験等により決定

▶諸手当

通勤/家族/役職/資格/住宅

▶賞与

賞与(12月) 決算賞与(6月)

▶加入保険等

雇用保険/労災保険/健康保険/厚生年金/財形貯蓄

▶退職金制度

中小企業退職金共済(60歳未満対象)

▶勤務時間

8:30~17:30

▶休日休暇

週休2日制、年次有給休暇10日 

▶応募方法

履歴書と職務経歴書をご用意の上、当ページのフォームよりお申込みください。
面接は弊社代表が担当します。 

▶アクセス

→こちらからご覧ください。
 

代表者インタビュー

面接時に志望者が聞きにくいこと、聞き忘れがちなことを代表者にインタビューしました。志望者様はお申込みの前にご一読ください。
 

■御社の仕事は、社会にとってどのような意義・役割がありますか?


我々の仕事は市民の安全につながります。砂防堰堤の調査や橋梁点検、地中レーダー探査による空洞の発見などです。例えば地中の空洞を放置すれば、陥没に車が転落する事故もあります。
我々の仕事はいわゆる「黒子」ですが、道路が1本できれば、そこに商業施設が建設され、人々の暮らしが生まれます。表に出る仕事ではありませんが、社会で重要なライフラインに業務を通じて貢献しています。市民の安全につながる仕事に、社会的な意義と役割を感じています。
 

■御社は自社の分野において、全国・地域でどのレベルにあるとお考えですか?

全国!まだまだそんな!(笑)。……地中レーダー探査・非破壊検査は、専門性が高く競合の少ない分野ですから、我が社は広島県で上位数社に入ると認識しています。(※編集注 2015年4月現在 ウムヴェルト株式会社は「地中探査」分野で 広島県及び西日本のGoogle検索で第1位 全国で上位30位台)
地中探査の全国組織(NTT系列)である、エスパー探査協会に加盟しています。広島県内で独立資本の企業として加入しているのは、2015年現在弊社だけです。この流れで、中四国や全国区の案件もお話を頂いています。
建設コンサルタントとしては、広島県内で中間程度でしょうか。ただ、専門性の高さが我々の強みですから、非破壊検査・地中レーダー探査を交えた建設コンサルタントとして独自性はあります。専門性・特殊性を軸にコンサルタントのご依頼を頂いています。
 

■この仕事をしていて、やりがいを感じるところは何ですか?

平賀勝秀1

余所が真似しにくい特殊性のある分野で、小さい会社ながら仕事ができていることに達成感があります。
例えば、去年(2014年)は全国で5例目となる大規模な地中レーダー探査を担当させて頂きました。但し、このような仕事は我々のみの力ではありません、様々な企業様とのご縁やご協力あってこそです。その上で、我々ならではの仕事がお客様に必要とされ、お役に立つことにやりがいを感じています。
また、我々の分野は市民の安全、インフラへの信用に関わる重要な仕事ですから、業務としてもやりがいを感じます。
 

■御社がズバリ欲しい人物像についてお聞かせください。

若くてもいいので、与えられた仕事を全うする人を求めます。この仕事には専門知識が必要ですが、若い方であれば大丈夫です。もっとも、土木系の学科を修了していれば、なお良いです。中途の場合は経験者を求めます。
逆に、与えられた仕事から逃げるような人は望ましくありません。誰かがやらなければならないのですから。社会人として普通は無いとお思いかもしれませんが、現実そのような人は居るのです。
 

■御社で働く社員は、どの分野のプロフェッショナルになりますか?

平賀勝秀2

仮に当社で10年頑張ったとすれば、建設コンサルタントとして潰しの効くマルチプレーヤーになります。小規模な会社の特徴として、大手の社員ではありえない様々な分野の仕事を経験するからです。その後は、自分の好きな分野の専門性を高めることで、建設業界で頼られる人材になるでしょう。
 

■職場の雰囲気に馴染むために、特に必要な要素は何でしょうか?

仕事さえ責任を持って行えば大丈夫です。ただ、若い方は注意や叱責に対する打たれ弱さにご注意いただきたいです。例えば、余所の会社で恥をかかないための配慮として怒ることもあります。仕事上の注意や叱責は決して本人憎しではありませんが、これを人格否定と受け止める人が多いです。尚、職場でのイジメ等、陰湿な雰囲気は一切ありません。
 

■社内のイベントや交流についてお伺いします。

夏と年末で飲み会をやっていますが、現在は仕事が忙しいため社内イベントはそれくらいですね。新広島支店の開業後、業務が落ち着いたら、社員旅行も含めて企画したいと思います。
 

■御社の事業展開・将来の展望についてお伺いします。

守りに入ると企業は衰退すると考えています。今月広島支社(2014年4月落成 広島市南区段原)が落成しますが、この立地は広島県・中四国に向けた人材確保を意識しています。また新幹線によるアクセスも容易で、全国展開に向けた足がかりとして5年間掛けて計画を進めました。
非破壊検査については、既に中四国からお仕事を頂いておりますが、今後は更に広域からのご依頼に対応できるようになります。
今後は広島支店を軸として、より大手様からの受注に対応できる最先端の業務を目指します。必要とされる企業として成長を続け、企業グループも含め今後10年で年商10億円の事業規模を想定しています。
 

■伸びた・成長した社員に、共通点はありますか。

あー、これは……恥ずかしがらずに先輩に「訊く」ことですね。ある年齢を達すると「分からないことは自分で調べろ」という見方がありますが、私から見ればそれは全くの嘘です。人間は全てを網羅できません。
平賀勝秀3

頭を下げて、分からないことを訊く姿勢が大事です。訊くということは、仕事に掛かる時間をショートカットできるということです。1日の労働時間は決まっていますから、押し寄せる業務をこなすのは無理があります。ですからショートカットが大事です。(1から10までを訊くのではなく)訊くことによりキーワードを得て、自分でそれを調べる、勉強する。そして、自分の担当する仕事に全身全霊で取り組む。この姿勢の人は成長しています。
また、逃げない人、自分の仕事に立ち向かう姿勢の人は伸びます。
 

■仕事を身に付けるにあたり、新入社員が最初に感じる壁は何でしょうか。

自分のイメージを越える「現実」が壁になる人が居ます。
当社の方針で、新入社員はまず現場に連れて行かれますが、山中の現場を前にして「こんなところを登るんですか?!」を目を白黒させる新入社員は珍しくありません。そこには自分の想像を越えた現実があるわけですが、しかし、実際に入ってみるとそれほど困難でもない。つまり、やればできることなのですが、第一印象に囚われて「私にはできません!」と言ってしまう新入社員もいます。
大手企業は講習会を通じて心の準備をする時間がありますが、当社ではいきなりズドンと現場に連れて行きますので、その分インパクトがあるのでしょう。そんな時には、いたずらに不安にならず、仕事に身を委ねて欲しいですね。
 

■若い世代の育成方針についてお聞かせください。


我々は、お客様の望むものを提供する必要があります。ですから、言葉使いなど礼儀の面では厳しく指導します。世の中のお役に立たせていただき、それに対して対価が支払われています。世の中の役に立っているからこそ、我々は企業たりえます。
仕事を進める中では、憤慨することがあるかもしれません。お客様に望まれない仕事もあります。しかし、そんな時でも、逃げずに対応するのが当社の育成方針です。
そのような育成の中で、「社長は私のことがキライなのでは」と誤解する人がいるかもしれませんが、そのような感情はありません。私は、人憎しでやっているような会社は伸びないと考えています。
若い世代に対しては、接し方に配慮はしていますが、仕事の先にはお客様がいますから、厳しい事を言うことはあります。一度、私の世代では普通と感じる厳しさで、若手に敢えて接したことがありましたが……駄目でした。若い世代の打たれ弱さは、やはり気になります。
仕事にはお客様がいます。そして我々は仕事として会社に来ています。叱責も真摯に受け止めて業務に励んで頂きたいと思います。


※スマートフォンでご覧の方はこちらのページからお申込みください。