事業一覧 ウムヴェルト株式会社 

ウムヴェルト株式会社バナー
広島の建設コンサルタント  ウムヴェルト株式会社
〒737-0004 広島県呉市阿賀南8丁目1番7号 TEL.0823-76-5855
ウムヴェルト株式会社ロゴ
 
広島の建設コンサルタント  ウムヴェルト株式会社
〒737-0004 広島県呉市阿賀南8丁目1番7号 TEL.0823-76-5855

事業一覧

 

▶非破壊調査(地中レーダー探査・鉄筋探査) 

非破壊調査の様子

地中レーダー探査は、地中探査レーダーという機械を使って、土の中の空洞や埋設管、基礎の位置を掘削なしで調査する仕事です。
鉄筋探査はマンション等コンクリート内部の鉄筋を、レーダーで探査する仕事です。例えば、建物に穴を開ける場合には、鉄筋の無い場所をレーダー探査して、鉄筋を傷つけないようにします。
 

▶土木施設点検業務

土木施設点検の様子

近年、高度経済成長期に建築された土木構造物をはじめとする耐久年数を超えた施設などの長寿命化を目的に、土木構造物の点検及び維持管理業務に対する需要が増加しています。また、気候変動に伴い国家として災害に強い国づくりを目的としており、建設コンサルタント業に対する社会的役割が望まれております。
弊社としては、こうした土木構造物に対する需要の変化と高まりを受けて、橋梁点検、トンネル点検、土木施設点検、砂防堰堤点検、河川護岸施設点検、道路付属物点検、港湾施設点検、急傾斜構造物点検など、多種多様な構造物の点検業務を行っております。
橋梁点検ロープ高所作業

ロープを使った特殊高所技術により、交通規制を伴わない点検作業が可能です。また、橋梁点検車の使用が困難な立地や小規模の橋梁にも柔軟に対応します。
 

▶測量

測量の様子

測量とは、道路や構造物建設の前段階として、現状の地形を正確に把握する仕事です。砂防堰堤や道路等、様々な調査点検にも測量技術が応用されます。弊社は昭和57年の創業から測量業務に携わっています。 
3Dスキャナ

弊社では最新型の3Dスキャナーを導入。秒速100万点の点群データ取得により、現況地盤・設計の対比や地形測量に活用しております。
また、3Dスキャナーによる測量データは三次元図面として生成可能。直感的な測量結果のご提供により、建設計画からプレゼンテーションまで幅広くご活用頂けます。

3Dスキャンイメージ

3Dスキャンイメージ

 ▶3次元測量

弊社では最新型の撮影用ドローンを導入。数百枚の空撮写真を解析して、調査地域の三次元測量図を生成します。
災害時の被害状況調査や点検業務、通常の公共測量、民間測量等、迅速な対応が求められる場面で活躍します。

ドローン
3DCAD図面
ドローン運用中

 ▶土木設計

土木設計図

土木設計とは、道路や河川等、主に公共物を設計する仕事です。例えば、道路を建設する場合は、設計速度を考慮してカーブの角度や数を決めます。河川の設計であれば、水が当たる部分(水衝部)の強度を考慮して材質を選びます。公共物の設計は市民の生命が関わる重要な仕事です。
 

▶地質調査

地質調査の様子

地質調査とは、建物の建設前に地盤の強度を調べる仕事です。例えば、メガソーラーの建設前にも地質調査を実施します。櫓(やぐら)を組んで、地面を深めにくり抜いたサンプルにより、地層の構成を調べます。また、くり抜いた穴に杭を打ち込むことで、地盤の強度を調査(貫入試験)します。
 

▶ビオトープ環境設計調査

ビオトープ完成図

ビオトープとは、ドイツ語で「ビオ(生物)トープ(場所)」を意味します。ビオトープ環境設計調査とは、環境要素を重視した土木設計と言えます。例えば、コンクリートを一面に張ってしまえば、そこに生物が住み着くことはできませんが、石積みであれば生物が住める空間が確保できます。土木の全体計画の中で、昔ながらの環境にやさしい工法を採用したり、また、安全性を重視する箇所では最新のコンクリート構造物にしたりと、自然環境とのバランスを考えながら調査・設計を進めます。
弊社の社名(ウムヴェルト=ドイツ語で環境)は、ビオトープ環境設計調査がルーツです。
→弊社によるビオトープ設計例はこちらをご覧ください。