SDGs ウムヴェルト株式会社 

ウムヴェルト株式会社バナー
広島の建設コンサルタント  ウムヴェルト株式会社
〒737-0004 広島県呉市阿賀南8丁目1番7号 TEL.0823-76-5855
ウムヴェルト株式会社ロゴ
 
広島の建設コンサルタント  ウムヴェルト株式会社
〒737-0004 広島県呉市阿賀南8丁目1番7号 TEL.0823-76-5855

SDGs と ウムヴェルト株式会社

持続可能な未来への取り組み

子供イメージ

 
SDGs(エスディージーズ)とは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略で、2015年に国連総会で採択され、2030年での達成を目指す国際的な目標です。「持続可能な」とあるように、人類の営みが行き詰まる未来を防ぐため、17の目標を掲げています。
日本においては、豊かで活力のある「誰一人取り残さない」社会を実現するため、2016年に総理大臣を本部長とするSDGs推進本部が設置され、各自治体により普及が進んでいます。
 
ウムヴェルト株式会社は、企業活動を通じて「11.住み続けられるまちづくりを」「8.働きがいも経済成長も」「12.つくる責任つかう責任」「13.気候変動に具体的な対策を」との適合が評価され、2019年広島県発行の「未来につなげるSDGsとビジネス2~広島における企業の取組現場から~」に掲載頂きました。
 
 
ウムヴェルトのSDGs
 
 

見えないところで築かれる安心で持続可能なまちづくり

近年、インフラ設備の老朽化や度重なる自然災害によって、私たちの安全・安心が揺らいでいます。政府も「国土強靭化」を掲げ、災害に強い国づくりを推進しています。
 
総合建設コンサルタントのウムヴェルト株式会社は、土木設計、測量調査で培った技術力を投入し、安全・安心のもと、持続可能で住み続けられるまちづくりに貢献しています。
地中探査や非破壊検査、3D スキャナードローンなどの新技術をいち早く導入・習得し、インフラ設備の問題点の発見、補修・改修による長寿命化につなげるとともに、ひとたび災害が発生した場合には、人が近づけない現場の状況把握や図面・3D 画像などを駆使した初動調査を担っています。
 
平成30 年西日本豪雨でも、広島県や被災した市町の要請に応じて300 か所に及ぶ災害測量に対応しました。また、調査データの解析には専門的な知見が必要であり、社員の働きやすい環境づくりを通じて、人材の確保、技術力の維持に努めています。
 

未来につなげるSDGsとビジネス2~広島における企業の取組現場から~

 

SDGsポイント
会社名の「ウムヴェルト」はドイツ語で「環境」を意味します。その名の通り、土木・建設とそれを支える技術を、長く安心して暮らしていける環境づくりの礎と考え、社会に対して貢献する企業であり続けることを目指しています。
従来のスクラップ&ビルドではなく、既存のものの保守・メンテナンスによる弱点の発見や補修・補強など対応によって、安全の確保だけでなく、資源の無駄遣いをなくし、環境にもやさしい「転ばぬ先の杖」であろうとしています。